高品質なものづくり技術とサービス精神をこれからの未来に

ウェビナー:【E-Procurement & E-Tax】購買・経理業務のデジタル改革

コロナ禍で見えてきた「紙」の限界。
デジタル化で経費削減・ペーパーレスに取り組むには

タイでの「E-Procurement(電子調達)」「E-Tax(請求書の電子化)」のメリットや動向を知る。

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響によって、世界の仕組みが大きく変わりつつある2020年。
その1つが、急激な「デジタル化」の普及と推進です。

デジタル化のメリットは、情報の見える化によるムダの削減、紙のやりとりによって発生する経費の削減、情報の転記や入力などで生じるヒューマンエラーの抑制など、様々な恩恵があります。

また、タイ政府(歳入局)より「E-Tax(請求書の電子化)」導入が義務付けられているなど、購買・経理業務のデジタル改革は「いつかはやらざるを得ない」分野です。

しかし一方で、「どのようにデジタル化を進めたらよいのか分からない」「自社だけデジタル化に取り組んでも……」という声も多くあります。

このオンラインセミナーでは、多くのグローバル企業のデジタル化を後押ししてきた幅広い視野を持つ日立グループと、タイで30年のデジタル化支援実績を持つCSIが、事例やタイの現状などをご紹介しながら、「購買・経理業務のデジタル改革」について、それぞれの経験を元にお伝えいたします。

ウェビナー(オンラインセミナー)情報

開催日時

2020年9月24日(金) 10:30 ~ 11:30 (受付:10:15 ~)

おかげさまをもちまして、本ウェビナーは終了いたしました。

ウェビナーに参加いただけなかった方には、個別でのご説明、資料共有、動画配信などにて対応していますので、ご希望の方はお申し込みフォームよりお気軽にご連絡ください。

利用するWEB会議ツール:Zoom

ウェビナーにお申し込みいただいた方に、参加URLや参加方法について個別にご連絡いたします。

ウェビナーでのご紹介内容

コロナ禍で読み解くデジタル改革の必要性

  1. ウェビナー参加者事前アンケートの結果とタイの実情分析
  2. リモートワークでの困りごと共有 など

購買業務のデジタル改革

  1. 購買業務における企業間連携の課題
  2. 購買業務のデジタル化による生産性向上事例
  3. E-Procurementソリューションのご紹介

経理業務のデジタル改革

  1. タイ政府(歳入局)によるE-Tax導入に関する指針
  2. タイ国内におけるE-Tax導入状況
  3. E-Taxプラットフォームのご紹介

講師紹介

Hitachi Asia (Thailand) Co., Ltd.

ICT Solutions Business Senior Manager
松原 真一郎(まつばら しんいちろう)

日本で、約10年、ソフトウェアエンジニアとして製品の開発やサポート業務に従事。

その後、約5年、製造業企業との顧客協創に携わり、サプライチェーンの可視化/分析するシステムの構築・運用、マネージドサービスを提供。

その経験を活かし、2019年より、タイでのデジタルソリューションの展開を牽引。

本ウェビナーでは、ファシリテーターを務めます。

株式会社 日立製作所

アプリケーションクラウドサービス事業部 E-Procurementコンサルタント
池田 健太郎(いけだ けんたろう)

タイにおける電子商取引規模の市場推移は堅調に伸びていますが、B2Bの受発注業務をはじめとした企業間連携については、まだメールや電話を利用している企業が多いのではないでしょうか。

本ウェビナーでは、調達・購買業務における企業間連携における課題について説明し、電子化により生産性を向上させる解決策について、事例を交えてご紹介します。

C. S. I. (THAILAND) Co., Ltd. 大友 則明

e-Tax セールス担当
大友 則明(おおとも のりあき)

2017年から開始されたタイ歳入局の取り組みもいよいよ本格化し、2020年はe-Taxプラットフォームの導入が日系企業でも広がりつつあります。

請求書の電子化が義務付けられ、これからのデジタル化社会において、間違いなくタイの社会インフラの1つとなるでしょう。
その「当たり前」の社会を実現するために、日系企業に向けてe-Taxのご紹介・ご提案を数多く行ってきました。

今回のウェビナーでは、これまでの経験を生かし、タイの取り組みや現状をお伝えします。

※ 講演内容・タイトルは、予告なく変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

ご参加対象

  • アジア・タイに進出されている日本人管理者様(講演は日本語のみで行われます。)
  • 社内でのデジタル化推進を検討されている方/検討するための勉強をされたい方

※ 誠に勝手ながら、同業他社の方からのお申し込みはお断りする場合がございます。

定員

\\ 満員御礼 増席決定 //

先着 30 名様 → 先着 80 名様

ご参加特典

ウェビナー終了後のアンケートにご回答いただいた希望者の方に、

  • 当日の説明資料
  • タイ政府(Revenue Department:歳入局)公式資料のオリジナル英訳

をお届けいたします。
(途中退出をされる方、当日ご参加が難しくなってしまった方はご相談ください)

ウェビナーお申し込み方法

1) まずはお申し込みページよりご連絡ください。

本ウェビナーへの参加お申し込みは終了いたしましたが、個別のご説明・資料請求を承っております。

ご興味のある方は、お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

2) お申し込み後、担当者より受付完了メールをお送りいたします。

※ 3営業日以内にメールが届かない場合、お手数ですがお問い合わせページよりご連絡ください。

3) お申し込み完了!

お申し込み完了後、ご連絡いただいた全ての方にお問い合わせ受付完了のご連絡を差し上げております。

ご参加可能な場合には、セミナー開催の一週間前頃を目安に、追って当日の受付等に関する詳細情報をご連絡申し上げます。

ウェビナーに関するお問い合わせ

主催 : Hitachi Asia (Thailand) Co., Ltd.

Hitachi Asia (Thailand) Co., Ltd  へ

共催 / 連絡先 : C. S. I. (Thailand) Co., Ltd.

CSI Logo

TEL:(+66)61-980-3440 (セミナー受付窓口:小久江 直通)

その他、ご不明な点は、「お問い合わせフォーム」よりご連絡ください。

お問い合わせページへ