高品質なものづくり技術とサービス精神をこれからの未来に

JP1:タイでのリモートワーク/在宅勤務対策 ~ 情報流出リスク対策・勤務時間管理

◆◇ 新型コロナウイルス対策 ◇◆
社外持ち出しのPC端末のセキュリティ監視で情報流出を防止
PC端末の操作ログから、正確な勤務時間を管理

タイ国内で急速に広がるリモートワーク・在宅勤務(WFH/Work From Home)。

しかしその導入にあたっては、セキュリティ対策や勤務状況の正確な把握など、課題も多くあることが分かってきました。

情報流出リスクに対する管理をしたい。
在宅ワーカーが本当に業務をしているのかも知りたい。

システム運用管理ソフト「JP1」は、そうしたリモートワーク導入の課題を解決することが可能なソリューションです。

リモートワーク時のセキュリティ確保

 リモート端末のセキュリティ対策

セキュリティの脆弱性によって、ウイルス感染や情報漏えいなどのリスクが高まります。社外持ち出しのPC端末やプライベート端末であっても、セキュリティ対策が必要です。

  • ウイルス対策ソフトがきちんと機能しているか
  • 使用が禁止されているソフトウェアを利用していないか
  • 脆弱なパスワードを利用していないか

 リモート端末の紛失・盗難対策

持ち運びがしやすいリモート端末は、紛失や盗難の恐れがあります。

タイでの治安悪化に伴い、万が一盗難に遭ってしまった際の対策は、より重要となってきます。

  • ハードディスクパスワード(パワーオンパスワード)を設定
  • データの暗号化
  • 遠隔からのロック設定・強制初期化

 無防備なインターネット接続を阻止

なりすましサイトへのアクセスや、ウイルス感染や情報漏えいなどが起きやすい無防備なインターネット接続を阻止します。

  • 社内ネットワークに接続するVPNの利用を強制させる
  • インターネット利用時は、社内ネットワーク内のファイアウォールやゲートウェイサーバを経由させる

リモートワーク時の労働実態の把握

労働時間の把握

在宅ワーカーが勤務時間中に本当に働いているのか、端末の電源情報、操作ログから客観的データとして把握することが可能です。

始業時間の管理 例
  • リモート端末の電源ON時間
  • システムへのログイン時間
  • PC操作ログ
終業時間の管理 例
  • リモート端末の電源OFF時間
  • システムへのログオフ時間
  • PC操作の終了

労働実態・業務内容の把握

リモート端末の操作ログから、PCの利用状況を確認・見える化することで、どの業務にどれだけの時間がかかっているのかといった確認が出来るようになります。

「目の前にいない」からこそ、どんな業務にどれだけの時間取り組んでいるのかを見える化し、偽りのない実データから、作業進捗やチームメンバーが抱える課題などを把握することが重要です。

「JP1 ~ コンプライアンス」の強み

「JP1」がもつ3つの分野

  1. コンプライアンス
  2. オートメーション
  3. モニタリング

JP1は、この3つの分野で構成されており、必要な分野ごとに、部分的に、段階的に導入が可能な統合システム運用管理ソリューションです。

「JP1」の総合情報

JP1 に関する総合情報は、こちらをご覧ください。

JP1 – システム運用管理

CSIによる導入メリット

CSI Logo

タイで長年の実績と経験を誇る日系のシステム開発会社・C.S.I.グループは、JP1の販売・導入支援を行うタイにおける正式なパートナー企業です。

タイを取り巻くIT環境や、実際のシステム運用に精通しているからこそ出来る確かなサポート体制に、多くのお客様からもご好評をいただいております。

2010年にJP1に関するパートナー企業となって以来、現在も開発元である日立グループ様とも毎月の定例会を実施し、今後もますます、お客様にご安心いただけるサポートを築いてまいります。

開発元について

統合システム運用管理”JP1″は株式会社日立製作所の開発製品です。

日立アジアのJP1製品紹介に関するWebサイトはこちら。

WFH-タイ国内向け:リモートワーク/在宅勤務支援

  1. ネットワーク構築サービス
  2. Office 365:安全・円滑な社内コミュニケーション
  3. JP1:情報流出リスク対策・社外での勤務時間管理
  4. RPA-業務自動化ツール:空き時間を活用した業務改善
  5. e-Tax:初期投資の少ない経費削減

タイ国内向け:リモートワーク/在宅勤務支援一覧はこちら。

WFH-タイ国内向け:リモートワーク/在宅勤務支援

「JP1~コンプライアンス」に関するお問い合わせ

「JP1」ならびに、情報セキュリティ・コンプライアンス等に関するご質問・ご相談等は、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください。

「JP1」について問い合わせる